新成人が回転木馬を愉しむ 

 「としまえん」で開催 練馬区青少年課
 1月8日、としまえん(向山3ー25ー1)で「平成30年練馬区成人の日のつどい」が開催され、本年度の新成人約7200人のうち、4443人が参加した。  区では、毎年としまえん遊園地を会場に、成人の日のつどいを開催している。会場には、晴れ着や真新しいスーツに身を包んだ新成人が連れだって集まり、旧交を温めていた。  
式典で、前川燿男練馬区長が新成人へやわらかい笑顔で「豊かで美しいまちを作り次世代につなげたい。
若い皆さんと共に力を合わせて、新しい未来を切り開くために頑張っていきたい」と激励した。これに応え、新成人代表の堀内小春さんと阿部稜馬さんは、20歳のメッセージとして「練馬区の中で育まれ、守られてきた自然や文化を継承し、社会の支えとなるべき努力を積み重ねて、次世代に明るく活気あふれた地域社会を引き継いでいきます」「両親、先生、地域の方、友人など関わってくれたすべての方々に感謝し、人生をより一層すばらしくし、色鮮やかな未来を創り上げていきます」と壇上でそれぞれ抱負を述べた。  
式典終了後、新成人のスタッフが企画・運営したアトラクション「つかみとれ未来!ねり丸運試し 大抽選会!!」が区内経済団体の協賛を得て盛大に行われたほか、5年後の自分に手紙を書く「タイムポスト」や「恩師からのメッセージ」など、さまざまなコーナーで賑わいを見せた。  【新成人自ら作り上げる成人式】  「成人の日のつどい」は、新成人スタッフ5人(男性2人、女性3人)を中心に、『新成人自らが作り上げる成人式』として開催された。
新成人スタッフは、昨年8月から毎月企画会議を重ね、式典終了後のアトラクションの運営に携わった。抽選会の景品には、新成人の門出を祝して、区内団体(一般社団法人練馬産業連合会ほか6団体)からペア食事券や区内商品券などが提供され、当選した新成人たちから歓声が上がった。  

【 I♥練馬(アイラブネリマ)情報ひろば】  新成人に知ってほしい情報を集めたコーナーを新たに設置。区内在住の人気絵本作家 のぶみさんと作成した「I♥練馬あるある」のフォトスポットや、骨髄移植・ドナー登録の推進事業、子宮がん検診受診、マイナンバーカード、4月15日執行の練馬区長選挙などの啓発を行った。