IMA30年祝賀に沸く

 4月23日、光が丘IMAは開設30周年を迎え、オープニングセレモニーを開催した。最大の目玉は、初のオリジナルキャラクターのお披露目、名前は広く一般からの応募で決められる。彼は、IMAカラーの青と赤を主体に犬か猫か分からないところでファンの心をキャッチしそう。光の広場ではNAS光が丘等のミュージックフェス、IMAホールの地域コンサート第一部ズーラシアンブラス、第二部田柄中学校吹奏楽部は、音楽愛好者が詰めかけ、地元商業施設の底力を発揮した。

4月23日から1年間行事続行

3D映像で楽しんだプロジェクションマッピング

 30歳という青年の域に達したIMAは地元住民に必須の生活拠点。当日、光の広場で繰り広げられた18時、18時30分、19時、19時30分からの4回に渡るプロジェクションマッピングは3D映像で視聴者たちをくぎづけにした。これも今回が初の試み。  IMAホールでは24日から27日までのIMA寄席Jr 。IMAホール横通路でのフォトコンテスト結果発表ではIMA大賞、準大賞、入賞がそれぞれ紹介された。負しくも入賞を逸した方10作品もあり、どれもほのぼのとした力作。  同時に光が丘地区30年のあゆみ展には懐かしい風景で感心する人の姿も見られた。

地域コンサート

【第一部】  「音楽の絵本」の世界へようこそ!

〈出演者〉

 ズーラシアンブラス(金管五重奏)・サキソフォックス(サックス四重奏)・弦うさぎ ベス(ピアノ)

〈プログラム〉

 第1部 さくら幻想曲 三つの小品より 
交響組曲 第1楽章ロンド トライ・エヴリシング トランペットラブレター
 第2部 白雪姫より「ハイ・ホー」 マンボNo5 ゆりかごの唄
 与作 ルパン三世のテーマ ラプソディ・イン・ブルー
 入場者は、首のすわっていない乳児を抱いた若夫婦、2・3歳や幼稚園児を連れた家族連れが目立った。
 泣いてもいいとばかりやわらかな空気の中で音楽が始まると、しばし泣き止む光景が見られた。クラシック音楽の未来は明るいと感じられた。
 

【第二部】

 スペリオール!田柄中吹奏楽部 〜緑の風コンサート〜

〈プログラム〉

 風之舞 風の通り道 風になりたい
  ポートレイトインリズムNo32(田柄中卒業生 小村明花) 
金管・弦バス アンサンブル 魔女の宅急便(クラリネット七重奏)
Sento nel core(田柄中卒業生 濱中彩夏) 
いつか王子様が(フルート五重奏) 
木管アンサンブルブリリアントダンススペリオール インテルメッツォ

〈プロフィル〉

28年度全日本吹奏楽コンクールA組東京都大会で金賞受賞。アンサンブルコンテスト東京大会で金賞受賞。東京都吹奏楽新人戦でも金賞。29連続金賞を受賞。練馬区表彰生徒に決定。

ネーミング大募集

ぼくのプロフィール
性別/オス 誕生日/4月24日
出身/光が丘公園
好きな食べ物/大盛軒のラーメン
好きな場所/光が丘IMA
性格/やんちゃで 好奇心旺盛な性格
趣味/食べ歩きウインドウショッピング

特技/ダンス、光が丘IMAのことならなんでも知っている(つもり)

   *  *  *  *  

応募締切:5月7日(日)

応募方法:応募用紙に名前を書いてIMAインフォメーション前に設置してある応募BOXに投函。
詳しくは公式ホームページか館内ポスター等にて確認を。