ー 8月の練馬はあつい ー

練馬区独立記念日を祝う  

1日、練馬区独立記念日を祝うイベント「真夏の音楽会vol.1 大谷康子と楽しむ音楽の旅〜ウィーン」と「練馬区花火フェスタ」を開催した。どちらも昨年度開催した練馬区独立70周年記念事業で、好評を博し、引き続き実施したもの。

真夏の音楽会

真夏の音楽会 ……… 8月1日14時

音楽会は、練馬文化センター(練馬1-17-37)で実施。日本を代表するバイオリニストの大谷康子さん((公財)練馬区文化振興協会理事長)とNHK交響楽団メンバー16名によるアンサンブルが、ウィーンにゆかりのある曲を演奏し、約1,200人の観客をウィーンへの音楽の旅へと誘(いざな)った。 これは、東京府開設150年を記念して東京都が行う「Old meets New 東京150年」の関連事業であり、東京2020公認プログラムとして認証されている。出演 大谷康子 人気・実力ともに日本を代表するバイオリニスト。東京芸術大学、同大学院博士課程修了。文化庁「芸術祭大賞」受賞。東京音楽大学教授、東京芸術大学講師などを務め、平成28年4月から(公財)練馬区文化振興協会理事長。NHK交響楽団メンバー 16名(楽器構成:ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、クラリネット、ファゴット、ホルン)